ユニボールワンに限定春夏カラーとローズゴールドクリップ登場!

文房具

ユニボールワン限定 春カラー夏カラー、ローズゴールドクリップ

 

 

三菱鉛筆uniから販売されているユニボールワン。顔料ゲルインクボールペンで、濃い文字でくっきり書けるのが特徴です。

こちらのシリーズに新たに春夏限定カラーと限定ローズゴールドクリップバージョンが発売されましたので早速レポ。

 

発売日

2021年2月17日

限定のラインナップ

ボール径はそれぞれ0.38mmと0.5mmの2種類。全部列挙するとこのような感じになります。

 

  • 春のカラーセット(うぐいす色、あんこ色、山ぶどう色)0.38mm
  • 春のカラーセット(うぐいす色、あんこ色、山ぶどう色)0.5mm
  • 夏のカラーセット(ラムネ色、あじさい色、あんず色)0.38mm
  • 夏のカラーセット(ラムネ色、あじさい色、あんず色)0.5mm
  • ローズゴールドクリップ オフホワイト 0.38mm
  • ローズゴールドクリップ オフホワイト 0.5mm
  • ローズゴールドクリップ 黒 0.38mm
  • ローズゴールドクリップ 黒 0.38mm

カラーセットは単品では販売しておらず、3色セットのみでの販売です。

また、ローズゴールドクリップの方は軸はオフホワイトと黒の2種類ありますが、インクの色は黒のみです。とはいえ、替芯を変えれば、好みの色の芯を入れてローズゴールドクリップでも楽しむことができそうです。

早速それぞれについて、色見本をはじめ、どんな感じか見ていきましょう!

私が購入したのは

  • 春のカラーセット(うぐいす色、あんこ色、山ぶどう色)0.38mm
  • 夏のカラーセット(ラムネ色、あじさい色、あんず色)0.38mm
  • ローズゴールドクリップ オフホワイト 0.5mm
  • ローズゴールドクリップ 黒 0.5mm

になります!

春のカラーセット(うぐいす色、あんこ色、山ぶどう色)

 

 

試筆したノートはナガハシ印刷さんのいいかげんノート方眼、紙はトモエリバーになります。

 

さすがユニボールワン。はっきりした色合いで、うぐいす色もちゃんと綺麗に発色しています。私は山ぶどう色がお気に入り。早速メインのジブン手帳DAYSに使用してみました。

はじめは夏のカラーセットのみを買う予定でしたが、色の名前が可愛らしいのと普段使いしやすい山ぶどう色に惹かれてこちらも。試したのはジブン手帳DAYS THINペーパーです。

あんこ色も試しに使ってみました!こちらも色味が抑えられているので普段使いできそうです。

夏のカラーセット(ラムネ色、あじさい色、あんず色)

同じくこちらの試筆もいいかげんノート。トモエリバー。

夏のカラーセットは可愛い色ばかりだったのではじめから買う気満々でした。差し色として、手帳に使おうと思っています。

ローズゴールドクリップ オフホワイト•黒 0.5mm

高級感もあり、大人女子っぽい感じのローズゴールドのクリップは1本あると便利。早速M5手帳に挟んでいます。

 

ユニボールワンを知ったきっかけ

私がユニボールワンを知ったのは去年の東急ハンズ主催の文具祭り2020での先行販売。

 

実は出会った当初、書き味に引っ掛かりを感じていた私

今までにない、はっきりしたインクには画期的な進化を感じ、また可愛いケースに惹かれて買ったものの、実はロイヒトトゥルムに書くとき0.38mmに引っ掛かりを感じていたのです。(あくまで個人の感想です)

実際買ったものの、あまりその後使わなくなってしまっていましたが、周りの評判や文房具屋さんでの取り上げられ方のは上々すぎて私の書き方に問題あるのか。。。もしくは相性なのか。。。と悩みつつ迎えた今回の限定。

スルーしようと思えなかったのは、カラーの可愛さ、そしてまたまた出てきた「限定」という私たちを惹きつけてやまない特別ワードです。
そして、もう一つ大きかったのは試しに0.5mmの方をお店で試筆したら引っ掛からなかった!!ということ。

あくまで私の考察ではありますが、さらさらぬらぬら派の私は、細かい箇所を書きたいくせに太いペン先の方が好きという単純な好みの問題。また、紙との相性の問題もありそうです。

ジブン手帳DAYSのTHINペーパーやトモエリバーなどの薄い紙との相性が良さそうな気がします。CITTA手帳にもスラスラ書きやすかったです。これは使う機会が増えそうです!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました