◆本丸亭@横浜◆あっさり、でもコクうまな塩ラーメンを横浜で

ラーメン

本丸亭 横浜店

横浜といえば家系ラーメンですが、あえてのあっさり塩ラーメンの紹介です。

横浜駅西口から歩いて7分。橋を渡り、飲み屋街を抜けて環状1号沿いにあります。提灯が、目印になっています。

(訪問日:2020年2月14日 19時50分 ぼっちで)

夫が北海道函館で塩ラーメン食べるという話を聞いて、塩ラーメンが食べたくなり2019年3月に続き2度目の来店。
待機列なし。入って右手にある券売機(現金のみ)で食券を買います。席数はカウンターのみの12席。

メニュー

塩らー麺

  • 本丸塩らー麺 850円
  • 赤丸塩らー麺 950円
  • 鶏三昧塩らー麺(鶏チャーシュー、鶏つくね、鶏そぼろのせ) 1050円
  • 梅鶏塩らー麺 1050円
  • 海老ワンタン入り塩らー麺 1150円
  • チャーシュー入り塩らー麺 1250円

ご飯もの

  • ミニまんま丼 300円
  • お茶漬けセット 200円
  • ごはん 150円

一品料理

  • 本丸焼き餃子 450円
  • ネギたっぷり焼餃子 600円
  • 肉ワンタン皿 400円
  • 海老ワンタン皿 600円

 

本丸塩らー麺 塩味玉のせ

上に載っているのはなんと春菊。
私、春菊苦手なのですが、本丸亭の塩ラーメンに入っている春菊は大好きで、むしろさらにトッピングしたいくらいスープに合います。
スープが温かいうちに春菊をスープにひたすことでしなっとしてなじみます。

さっぱりしているのにコクがある。また食べたい塩ラーメンです。


ぶあつくて大きめのチャーシューが2枚。これがまた美味しい。味もしっかりしみ込んでおり、長い時間漬け込んであったんだろうなというのが伺えます。

春菊で隠れてしまっていますが、その下にワンタンが1個載っています。

麺は太縮れ麺。食べごたえがあります。

トッピングした塩玉子は白身にほんのり塩味がついている半熟卵。中はトロトロ。黄身が黄身の形で保てていないくらいのとろけようでした。シンプルな塩ラーメンには味玉よりもこちらの方が合うのでしょうね。

まとめ

今まで食べた中で、もきゅん的塩ラーメンランキング1位の本丸亭の本丸塩らー麺。さっぱりなのがまた食べに行きたくなる決め手。

次回は隣の席の方が食べていた「鶏三昧塩らー麺」春菊トッピングにチャレンジしたいです。

 

お店の情報☆本丸亭 横浜店

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-7-21 タクエー横浜西口第三ビル 1F
横浜駅きた西口出て徒歩5分
定休日:なし
11:00~15:00
17:00~23:00

食べログ:本丸亭 横浜店

地図

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました