◆鳥田中@鐘ヶ淵◆予約困難焼き鳥店で至福の鶏コース

和食

鳥田中

東武スカイツリーライン鐘ヶ淵駅に予約困難の焼き鳥店「鳥田中」があると聞いてはや半年。急遽出たキャンセル要員として立候補して念願叶いました。なんとこのお店、毎月第一月曜日朝10時に次の次の月の全日予約を受付するらしいのですが電話すら繋がらないともっぱらの噂。まさに争奪戦。ずっとかけ続けていても3時間繋がらないとも?!
(訪問日:2019年8月22日 友人と二人で)
初めて降り立つ鐘ヶ淵駅。駅を降りて住宅街の中を進み、下町っぽい雰囲気の街並みがまだ残されているんだなぁなんて思いながら「こんなところに焼き鳥屋さんあるの?」と少し疑問になりそわそわしつつ。突然現れた「鳥田中」
カウンターのみの10席。大将をはじめご家族3人でやっておられるようです。
2回目の訪問、2019年9月26日の記事はこちら。

お料理

本日頂いたおまかせコースお料理はこちら

  • 出汁枝豆とタコの出汁茹で
  • 鴨焼きとネギ焼き
  • 鶏そぼろと湯葉
  • ハツのボイル刺し
  • 鱧とナス、シシトウ、銀杏の揚げ出し
  • 鶏の水炊き むね肉ともも肉 (ポン酢で)
  • レバー、ハツ、砂肝のたたき(泡醤油、塩ごま油、甘醤油で)
  • むね肉の黄身醤油和え
  • むね肉ともも肉のたたき
  • お口直しのイチジク
  • アスパラとれんこん鶏つくね
  • 串三種せせり、レバー、手羽先
  • 親子丼と濃厚鶏白湯そば(鶏そばは追加料金だそうです)
  • たまごプリン(サービス)

出汁枝豆とタコの出汁茹で

鶏コースというより鶏割烹ですね。。。


鴨焼きとネギ焼き

鴨がネギ背負ってきちゃいました。火入れが絶妙。


鱧です。季節ですね。職人の包丁技が光ります。振り柚子でいただきますよ。


鶏そぼろと湯葉

湯葉と鶏そぼろなんて贅沢な組み合わせ。大将がその場でおろしてくれる本山葵と共に。


ハツのボイル刺し

私が感動したハツ。

「ふわふわ!ふわふわ!」と叫んでいました。まずはじめの感想「なんじゃこりゃー!私が知ってるハツの歯ごたえと違う。」

これボイル刺しだったんですね(*´∀`*)初めて食べました。

本日の逸品はコチラ、ハツでございました。


鱧とナス、シシトウ、銀杏の揚げ出し

鱧と感動の再会。鱧もふわふわだし、野菜の素揚げと出汁のコラボがたまらないです。


鶏の水炊き むね肉ともも肉 (ポン酢で)

兵庫の高坂鶏。幻の無菌鶏とも呼ばれているそう。皮と身の食感がしっかりしていました。冬には水炊きもガッツリと食べてみたいなぁ。


レバー、ハツ、砂肝のたたき (泡醤油、塩ごま油、甘醤油で)
むね肉の黄身醤油和え

砂肝のコリコリ!本日唯一のコリコリ!何食べても美味しいって幸せ。黄身醤油濃厚でした。オレンジが濃い。


むね肉ともも肉のたたき

スライス玉ねぎの上に載った分厚い、たたき。皮のパリパリ感とお肉の柔らかさのギャップに舌が喜ぶ。


お口直しのイチジク

食感がまるで甘いナスのよう。上には白味噌です。


アスパラとれんこん鶏つくね

おいしい。


串三種せせり、レバー、手羽先

ふわふわぷりぷりぱりぱり(語彙力


親子丼と濃厚鶏白湯そば

もうかなり満腹になってきていたけど〆も食べたい!親子丼の出汁は少し濃い目。濃厚鶏白湯そばは某有名店とはれるおいしさ。麺もこだわっているようです。中に入っているうずらの卵も半熟トロトロでたまらない。二人でシェアしました。


たまごプリン

今までの卵から想像してたけど濃厚、それでいてしつこくない。お母さんの入れてくれた玄米茶とともに。

お酒

レモンサワー

お母さんの作るシャリキンのレモンサワー。

田酒

半合だけ注文。


その他、ビール・ワイン・サワー・日本酒(飲みたいのたくさんあった!)・焼酎やソフトドリンクなど魅力的なものを各種取り揃えていました。


まとめ

あまりにも美味しすぎて終始「おいしい!」「ふわふわ!」「生きててよかった!」と叫んでいたような気がします。とにかくコチラで頂いたハツのふわふわさに衝撃を覚えて、今まで食べてきたハツは心筋梗塞を起こしていたに違いない!と思いました。焼き鳥屋さんの醍醐味とは思いますが、完成度の高い絶妙な火入れに感心しきりでした。毎月変わるコースも楽しみで月一頻度で来たいと願うもきゅんでした。

そして何よりこの本格的な鶏割烹料理ともいえるおまかせコースが4000円というコスパの良さ。

11月の予約は9/2の10時スタート!この幸せを感じたい人は予約電話にチャレンジしてはいかがでしょうか?



食べログ

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました