[文房具イベント]東京インターナショナルペンショー2019へ行ってきました!

文房具

東京インターナショナルペンショーって?

はじめての文房具関連の記事です。

10月5日(土) 10時~17時、10月6日(日) 10時~16時
東京都立産業貿易センター台東館4階で行われていた「東京インターナショナルペンショー」へ訪問してきました。
こちらのイベントは東京インターナショナルペンショー実行委員会が主催で行われるイベントで2018年に続き今年が2回目の開催となったようです。自宅から近いこともあり去年に引き続き私も2回目の参加となりました。


各日500円の入場料でペンギンが書かれたかわいい入場券とオリジナル缶バッジをいただけます。

開催目的
「かく」をたのしむイベント
「かく(書く・描く)」をキーワードとして、
筆記具・インク・紙に関係するモノやコトを集めます。
(商品販売、ワークショップ、セミナー等)
メーカー・ショップ・個人がその垣根を越えて楽しみ、
次世代へ「かく」事の素晴らしさを伝え・広め・残すことを目的とします。

「万年筆と紙のお祭りわっしょい」といった感じでしょうか。去年はついついお財布の紐が緩んで、「コレは出会いだ!!」と万年筆やらインクやら買いあさってしまいましたが今は私万年筆欲がちょっと落ち着いているので冷静に見学することができました。行ったらきっと何か買ってしまうかなぁと自己分析できていたので行くこと自体自粛しようかとも思ったのですがなにせ近い。
この「東京都立産業貿易センター台東館」という場所は文房具イベントが比較的よく開かれる場所であり(紙博、日本手帖の会主催のイベントなど)最近馴染みのある場所でして。去年もそうでしたが限定品が売られるということで初日の土曜日は大混雑。2日目の朝も入場列ができるほどの人気です。それを避けるべく私は2日目の13時というまったりムードが予想される時間に向かいました。

今回のレポートは全体ではなく、今回短時間の参加でもここは行っておきたい!と狙っていた私の完全推しのお店のいくつかを紹介する事になってしまうと思いますがご容赦ください。

石丸文行堂

長崎にある文房具屋さんで創業1883年の老舗です。
本店ほか福岡・佐賀に5店舗展開されています。
「長崎美景」シリーズやカクテルをイメージした「カラーバーインク」
はすべて試し書きすることができました。オリジナルそえぶみ箋や一筆箋もいろいろな種類がありました。カラーバーインクの種類の豊富さに圧巻。どの色も素敵で迷ってしまい結局連れて帰れず。。。

 

ついこの前、石丸文行堂さんのTwitterのキャンペーンで奇跡的にプロシオン当選したお礼も言いたくて一番に向かいました。送付してくれたスタッフさんには直接お会いはできませんでしたがお礼を伝言してもらうように頼みました!(ハッ自分の名前言うの忘れた!!)

石丸文行堂

キングダムノート

新宿にある筆記具専門店です。オリジナルインク「日本の生物シリーズ」の最新作「ウミウシ」シリーズが紹介されていて試し書きもできました。どの色もとても可愛い色!全色揃えたいくらいです。

キングダムノート

カミテリア

カミテリアは「紙+インテリア」からうまれたブランドだそうです。
文具女子博やハンズ文具祭りなど文具イベント系で良く出会うカミテリアさん。私もいくつか製品を持っていますが今回はインク帳になっているinknocciノートを購入しました。かわいいしお値段も良心的。まだまだインク沼に浸かってない私はこのノートのページ数で手持ちインクの種類を書ききるの足りそうです。インクボトル柄と万年筆柄の2種類。私は万年筆柄を購入しました。

カミテリア

himekuri

「020年度版 himekuri」(8種類)、最近発売されたばかり一軍マステを入れるかわいい「himekuri masking tape case」、
トモエリバーを使ったA5スリムサイズのノート「himekuri note」が販売されていました。監修されているのは文具プランナー福島槙子さん。文房具とねこのイラストを描いてるのは長年のお友達、イラストレーターの萩原まおさん。
2020年は「himekuri 文房具」と「himekuri ねこ」2種類連れて帰りました。

「himekuri文房具」は監修は「毎日、文房具」さん。コクヨ、トンボ鉛筆、ゼブラなど26社の日本の文具メーカーとコラボレーション。特製ブックレットを付属。はがした付せんをブックレットに貼ると、1冊の文房具図鑑になっちゃいます。

 

「himekuri ねこ」は1週間ごとに、かわいらしいねこが全国に旅に出ます。東京、大阪、北海道など、それぞれの都道府県の名所を巡ったり、名物を食べたりします。

いやんかわいい。来年も私の手帳を彩ってくれるのはこの子達です。今年himekuriをどう使っていたかについてはまた後々記事にしようと思っていますのでお楽しみに。

himekuri

TACCIA

TACCIAはカリフォルニア生まれのラグジュアリー筆記ブランドだそうです。今はナカバヤシが国内ブランドとして事業譲受されています。口紅のカラーバリエーションをイメージした「リップカラーインク」がとてもかわいくて試し書きしてきました。

女子にキュンキュン来ますね。どのカラーもかわいい。本当にかわいい。私は「コーラルピンク」が好きかなぁ♡

TACCIA

まとめ

もっとたくさん写真撮ってくればよかった〜と反省。他にもたくさん魅力的な出展者さんもいっぱいだったのです。今回は財布の紐を締めていったのであまり買いませんでしたが誘惑がとても多くて大変ですのでご覚悟を。きっと来年も開催されると期待しているので気になった皆さんは東京インターナショナルペンショーのTwitterアカウント(@TokyoInternati2)をチェックしているといいかもしれません。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました