芋!いも!イモ!さつまいもづくし!全国のお芋スイーツ大集合。「芋博」で芋まみれになってきたレポ。

スイーツ

第2回 芋博

2020年12月2日から7日までの6日間期間限定で、横浜そごう8階催会場にて、「第2回 芋博」が開催されるとのことで、早速初日に訪問してきましたので、レポートをお届けします!

芋博って?

撮って、食べて、楽しい。さつまいもの魅力、再発見。

焼き芋は14種を用意し、さつまいもスイーツも充実。さつまいも芋尽くしの6日間。やきいも処 DoCo? 弐番館の「燻製やきいもモンブラン塩バタークレープ」、芋を知り尽くした店主がとっておきを提供する焼き芋専門店や、地元神奈川の「よっしーのお芋屋さん」など、滅多に食べられない品種のさつまいもを使ったお店も登場。その他、変化が新しい芋スイーツも含め、実演販売を含め24店のおいもが楽しめます。

横浜観光情報HPの紹介より

 

開催日 : 2020年12月2日(水)~12月7日(月)

時 間 : 10:00~20:00
※最終日は17:00閉場
※イートインラストオーダーは閉場の1時間前まで

場 所 : そごう横浜店8階催会場

狙うは唯一のイートイン 芋天ソフト「塩そふと 丸十」

以前、こちら、ぶんぐるめでも紹介した代官山にある「Tempura Motoyoshi いも」の「塩そふと 丸十」は、ミシュラン一つ星を取った天ぷら屋さん「元吉」が出店している芋天ソフト専門店の名物です。この度、催事に初出店とのこと。

催事でも本店と同じ味を再現できているかをチェックしに行って参りました!

本店へ行った際の記事はこちら。

◆Tempura Motoyoshi いも@代官山◆いも天と塩ソフトクリームのコラボ「塩ソフト丸十」
Tempura Motoyoshi いも 南青山にあるミシュラン一つ星をとったという高級天ぷら店「元吉」が出した「Tempura Motoyoshi いも」というお店。 代官山にある、いも天ぷら専門のテイクアウトの店舗で...

 

すべて立席で2名ずつ程度のブースに分かれており、メニューは「塩そふと 丸十」一つのみ。税込で660円。電子マネー各種使用することができました。

ブースには本物のさつまいものオブジェが!!

今回の芋博では、いろいろなものが売っていますが、催事場内での飲食は禁止。唯一のイートインがこちらのブースとなります。催事自体は20時までやっていますが、イートインは19時までですので仕事帰りに行く方は、まずこちらへ向かうのが良さそうです。私達もギリギリの時間に滑り込むことができました。

 

 

しっとりと揚がった芋天に、すっきりしたソフトクリームとシャリシャリの天かす、程よい塩気の炭塩がベストマッチング。ソフトクリームもバニラというよりはミルクで、どちらかというとミルクジェラートに近い感じ。そのすっきりさが濃厚な芋天によく合います。

芋天は実演してはいないものの、おそらくその場で揚げて提供しているようで、揚げたての芋天が味わえます。噛めば噛むほどしっかりした濃厚な甘みを感じます。

本店で伺ったことですが、低温で2時間以上お芋を揚げることで甘みを引き出すのだとか。

実際、本店で食べたのは今年2月で10ヶ月ぶりでしたが、「そう、この美味しさ!!!」と場所は違えど、納得できる再現度でした。

友人の撮影した芋ポートレート!

 

芋博のイートインは「Tempura Motoyoshi いも」の「塩そふと 丸十」のみ!
・メニューは「塩そふと 丸十」のみ、価格は660円。電子マネー可能。
・平常1時間前19時までに並んで!
・その場で揚げているため、本店のものと再現度はほぼ同じ!

 

狙って行ったこともありますが、やはり「塩そふと 丸十」は、今回の芋博の一番の推しスイーツです!

 

 

購入できる焼き芋は全部で14種類!

様々な店舗のこだわりの焼き芋を購入することができます。日替わりで食べられるお芋の種類が変わったり、各店舗、食べ比べセットなどを販売していました。

よっしーのお芋屋さん

私達が購入したのは、地元横浜から出店している焼き芋屋さん「よっしーのお芋屋さん」

購入したのは、3種食べ比べセット、1080円。

 

日によって食べ比べセットの種類は違うようですが、金曜日のお芋の種類は

  • 熟成 さつまミライ
  • 熟成 安納黄金
  • 熟成 ハロウィンスイート

の3種類でした。

紙袋に入れてくれて、ビニール袋から良いお芋の香りが!!丸十塩そふとに並びながら大切にお芋を抱える様子を友人が撮ってくれましたw

 

熟成 さつまミライ

熟成 安納黄金

熟成 ハロウィンスイート

 

熟成 さつまミライの蜜がたまらなく美味しかったです!樹液のように出てくる蜜がすごい。

他の2つはホクホク系。ハロウィンスイートにいたっては名前の通りカボチャっぽい!スープやプリンにしたら美味しそう。

やきいも処 DoCo? 弐番館の「燻製やきいもモンブラン塩バタークレープ」

こちらも実演販売で、列ができており、私たちの5人後くらいで売り切れました。

甘さ控えめな生クリームがサンドされたクレープに、モンブラン風に燻製お芋クリームがたっぷりと。

塩そふと丸十からの焼き芋からのクレープだったため、最後はかなり闘いでした!

芋博のマップ

 

芋博の様子

福島のいもけんぴ「串鶴」に長蛇の列でした!実演販売でどんどん揚げ上がっていく様子は見てても楽しかったです。

焼き芋サンドも気になりました!

 

芋にまみれた芋博初日。

色んな意味でお芋を甘く見ていた気がします。強靭な私たちの胃に吸い込まれる芋の量で、完全に「胃もたれ」ならぬ「芋垂れ」しました・・・!もう1品くらい行けるかなと思いましたが、もうしばらくお芋はいいや・・・となるくらいのお芋感。

とはいえこんなに集合するなんてすごい機会!期間はあと3日と少ないですが、ぜひこの機会にお芋スイーツが集合する横浜そごうへ行ってみてくださいね。

 

横浜そごう 芋博

 

 

 

 

 

 

 

 

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました